海外生活ってどうなの?

ダブリン 海外生活

こんにちは、みぽです。

かなり久しぶりの更新です。

毎回更新するする詐欺の私です。。。

去年の9月からヨーロッパ2か月旅をしたりとバタバタしていたこと+スーパーレイジーだったため、年を越してしまいました💦

今回は海外生活って正直どうなのってことをテーマに少し書きたいと思います。

私自身、オーストラリアとアイルランドでのワーホリ・海外生活を経験しました。

もちろん国によって良さや悪さは変わってきますが、行ったことについてはどちらも後悔はしていません◎

現在は留学の仕事をしており、お客様の中ではネットで読む記事やブログによってはワーホリや留学へ行って後悔しているというものも多く見られるようで、悩まれる方がいるみたいです。

人によって考え方や感じ方が違うので、どちらの意見もあるのは普通だと思います。

ただどんな意見があったとしても、自分で実際に行って感じてみないとわからないんです。

行ってみて嫌だったら帰ってくるか、意地でもビザが終わるまで頑張るか、それも人次第。

今までたくさんの人に会って感じたことは、海外生活については合う合わないが正直あります。

でもチャレンジしてみたいならしてみるべき。

日本に留まっていることを悪いこととは全く思わないです。

ただ短い海外旅行でも刺激を受けるのだから、長期滞在(海外生活)はより多くのことを感じ、成長する機会、そして視野を広げる機会をもっと得ることができます。

注意が必要なのはVisit(訪問)とLive(生活)は違うということ。

短期間の旅行についてはきっと楽しいだけで終わることも多いと思います。

しかし、長期滞在、実際に現地で生活するということは、現地の人と同じように過ごすということ。なので、もちろん楽しいことだけじゃない。人によって差はあるかと思いますが、辛いことだってあります。私はアイルランドで辛いことがものすごく多かった笑 逆にオーストラリアは9割楽しかった!

辛いこと、乗り越えないといけないことに耐え抜くことができるか、いかにプラスに考えて生活できるかが重要です。

私は元々スーパーポジティブな人間でした。

でもアイルランドの最初2,3か月は本当に不運が多く、辛いことが多かったです。

それにプラスして、行った時期が10月~ということもあり、季節は鬱になりやすい季節。

出発前は、いや私は天気に左右されるような人間ではない!と自信を持っていました。

でも間違っていました。天気とっても重要。。。

アイルランドの最初は天気も含め、ビザ手続き、家探し、仕事探し、本当に辛く、恥ずかしながら泣く日も多かったです。スーパーポジティブだった私が、もはやスーパーネガティブ状態。

その時マイナス思考な人は海外生活には向いていないと本気で思いました。

スーパーネガティブ状態にも関わらず、何とか踏ん張ってやっと生活が落ち着いたのは滞在開始の半年後くらい笑 おそ笑

学校の友達にメンタル面では本当に助けてもらいました。

現地で楽しく過ごしている人って、どんな国籍でも、やっぱり自分で動く力が強いですし、人に頼ってばかりとか、人の意見に惑わされる人って少ないです。

海外で生活をして一番良かったなと思うことは人との出会い

生まれた国、育った環境が異なる人との出会いは本当に貴重だし、新しい考えに出会うきっかけ。

そして何よりも文化の違う者同士が支えあって、理解できる喜びと楽しさ。

とっても素敵な思い出になります◎

もちろん思い出だけで終わらせず、一生の友達になることも☆

オーストラリアで会ったスイス人の友達とは今回の私のヨーロッパ生活で7年ぶりの再会を果たしました!

毎回そういった海外でできた友達との再会がとても嬉しく、海外に行って良かったなと思う一番の理由です。

海外生活やってみたいという人は是非チャレンジしてみたら良いと思います☆

コメント