話題の子役ノア・ジュプの魅力にハマる!ハニーボーイ【おすすめ映画】

話題の映画ハニーボーイ 映画

こんにちは、みぽです。

久々に映画を観てきたので、おすすめ映画の紹介をしようと思います🎬

今はコロナ感染拡大の影響もあるので、映画館は大変だろうなと思っていたのですが、お盆休みだったためか結構混んでいて、少し前までは実施されていた検温などはなくなっていましたね。

代わりに映画が始まる前に映画館の上映中の換気についての動画が流れていました。

安心して映画を観てもらうために、映画館側も大変ですね。

その動画によると60分に一回は完全に空気が入れ替えられ換気ができているようです。なるほど🤔

ちょっと話がそれましたが、今回私が紹介する映画は「ハニーボーイ」です!

早速見ていきましょう☆

おすすめ映画「ハニーボーイ」

【あらすじ】

子役から活躍をし、若くしてハリウッドのスターとなったオーティス(ルーカス・ヘッジズ)は仕事が忙しく、段々と酒に溺れるようになってしまう。そして、ある日交通事故を起こしてしまい、結果更生施設へと送られることに。

そこでPTSD(心的外傷後ストレス障害)の可能性があるということで、暴露療法(エクスポージャー療法)を使って自分と向き合い始めます。

過去の記憶を辿るといつも思い出されるのは、自分に仕事をさせ、尚且つ手柄を自分のもののように語っていた無職の父(一応彼がマネージャーではあったが結構酷い)

子どもの頃のオーティスはそんな父親の元、子どもにもなりきれず、大人にもなりきれず・・・

自分の過去を綴ったノートをもとに大人になったオーティスは12歳の自分に会いに行き、父親の愛に気づく・・・というお話。

Honey Boy – Official Trailer | Amazon Studios

この映画の背景にはアメリカの貧困層が抱える問題も垣間見え、心が苦しくなる場面もいくつかありました。

そして何よりこの映画の見どころは12歳の時のオーティスを演じたノア・ジュプと大人になったオーティスを演じたルーカス・ヘッジズの演技。とってもうまい!

特にノア・ジュプには驚き

周りの大人たちと葛藤する姿、大人ではないのに背伸びをして頑張る姿が本当に切なかった。

またオーティスの父親役にはトランスフォーマー俳優として知られるシャイア・ラブーフ。

この映画の脚本は彼が実体験をもとにして書いているということでも有名です。

いやー、父親役、クレイジーだったわ・・

先ほどアメリカの貧困層がかかえる問題と話しましたが、気になる方はまた違う映画なのですが、フロリダプロジェクトという映画もチェックしてみてくださいね。

天才子役Noah Jupe(ノア・ジュプ)

ハニーボーイ 天才子役ノア・ジュプ

ノア・ジュプって誰?という方のために、ちょっと彼を紹介したいと思います◎

2005年、映画製作者の父と女優の母のもとイギリスで生まれた、イギリス人の俳優(子役)です。

私が初めて見たのは「ワンダー 君は太陽」という映画。

ワンダーの時も上手に演じていた印象があります。その時から可愛い子だなーと思っていました。

ワンダー観ていない人は必見です!ノア・ジュプが演じる役は主人公オギーの最初の友達。

涙腺崩壊作品です。

その後もいくつかの有名作に出演しています。

クワイエットプレイス(ホラー映画)やフォードvsフェラーリなど。

 

またテレビにも出演をしている人気子役です。

まとめ

今話題の子役(ノア・ジュプ)と俳優(ルーカス・ヘッジズ)が出演する「ハニーボーイ」。

2人が演じる葛藤(周りの大人との葛藤、過去の自分、父親とのトラウマ、葛藤)は本当に心が苦しくなる。

2人の上手な演技が見たい方は是非チェックしてみてください◎

またオーティスの治療のシーンに関しては心理学に興味のある人にも良いかもしれません。私も暴露療法というのをこの映画で初めて知ったのですが、こんな方法があるのかという感じでした。

 

 

 

 

コメント