チャドウィック・ボーズマンの製作主演の「21ブリッジ」を観てきた🎬

映画

こんにちは、みぽです。

コロナの影響によって観たい映画が延期されたり、公開されなかったりで中々観たい映画がなかったのですが、4月になってやっと観たい映画が公開となったので久々に映画館に行ってきました☆

今回はチャドウィック・ボーズマン製作・主演の「21ブリッジ」の紹介をしていこうと思います。

昨年病死をしてしまったチャドウィックなので今後新しい作品が観れないのが悲しいですが、21ブリッジ以外にもチャドウィック出演のおすすめ作品も一緒に紹介していきます。

興味のある方は是非🌟

21ブリッジのあらすじ

チャドウィック・ボーズマン主演『21ブリッジ』予告編

街ぐるみの犯罪を暴くためにニューヨークのマンハッタンを封鎖!(21の橋を封鎖)しちゃう!という話。

レインボーブリッジ封鎖どころじゃない笑 21個もの橋を封鎖。

橋を封鎖できる時間は限られていて、時間もなくなってくるしハラハラ。

子どもの時に警察官である父親を殺されてしまった正義感の強い主人公アンドレ(チャドウィック・ボーズマン)が一人で闇の犯罪に立ち向かいます。

観ているとアンドレと同じく、途中何かがおかしい・・・と思うはず。

誰が信用できるのか、何が悪で、何が善なのか。

21ブリッジを観た感想

チャドウィックの遺作ということもあって観に行ったのですが、やはり闘病中に撮影をしていたのかと思うと涙が出てきそうでした。

MCU(Marvel Cinematic Universe)ファンとしてはもう絶対に観るべき映画。なんたってチャドウィック×ルッソ兄弟です笑

物語はアメリカ社会に潜む闇を描いたクライムアクションなので、そういったものに興味のある方はMCUファンでなくともおすすめです。

闇側にいるものでも何かの事情があったり、それしか選択がないと感じていたり、何が悪で善なのか、なんだか心苦しくなる場面もありましたね。

またこういった闇はアメリカだけでなく色んな国にも潜んでいるんだろうなと改めて感じました。

何といっても正義感が強く、力ずくではなく、思いやりのある解決を望む頭の良いアンドレを演じるチャドウィックが激かっこよかったです!

チャドウィック・ボーズマンて誰?

そもそもチャドウィック・ボーズマンを知らない方のために簡単に紹介しますね。

顔は知っているけど名前と一致していなかったという人もいるかもしれません。

私の中ではやはりMCU作品が一番代表作の印象なので、「ブラックパンサー」だよと言えば友達に通じるイメージ。「ワカンダ フォーエバー!」

ブラックパンサーでの主演はやはり印象的でしたよね。本当にかっこよかったです。

大学では美術を専攻し、同時に演技の勉強もしていたそうです。クリエイティブ◎

残念ながらチャドウィックは2020年8月末に結腸癌のため亡くなりました。

4年間も闘病していたなんて信じられないくらいの活躍を見せてくれましたよね。

亡くなった時は映画関連の方など多くの方が追悼のメッセージをあげていて、本当に愛されていた俳優さんだったんだなと思いました。

【プロフィール】

チャドウィックボーズマン

(写真出典https://eiga.com/)

名前:Chadwick Aaron Boseman(チャドウィック・アーロン・ボーズマン)

誕生日:1976年11月29日

国籍:アメリカ

チャドウィック・ボーズマン出演のおすすめ作品

・42~世界を変えた男~

・Ma Rainey’s Black Bottom(マ・レイニーのブラックボトム)

・ブラックパンサー(MCU)

・キャプテンアメリカ シビルウォー(MCU)

・アベンジャーズ インフィニティウォー(MCU)

・アベンジャーズ エンドゲーム(MCU)

・マーシャル

・Da 5 Bloods(ザ ファイブ ブロッド)

まとめ

21ブリッジはアメリカ映画!という感じで普通に面白かったです。

クライムアクションが好きな方やもう一度チャドウィックを大画面で観たい!というワカンダファンは是非映画館に足を運んでみてください。

闘病中ながらも本当に素晴らしい演技に感動でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント